スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
0926保健学科店営業
保健学科店に行って第2回目の営業をしてきたので報告します。

【販売個数の最終確認】
森下店長と担当の田牧さんの間でも話し合っていただき、次のように決まりました。

肉味噌→60個
さんま→40個
うめ昆布→30個
ジンギス→20個
つくね→20個
シュー→100個
モカ→10個
サクサク→10個

ちなみにこれは1日目、2日目の量で3日目からは様子を見ながらとのことです。
またシューに関しては1日目のみ発注で2日目は発注しないそうです。

【陳列方法の確認】
冷蔵ケースの他に入り口左のスペースに机を置いてBS商品を置いていただけることになりました。

【その他】
それに伴い、プライスカードがもう一枚必要になりました。
入り口左のスペースでは机の上にかごを置いてその中に商品を入れるという形になります。
そうなるとプライスカードをかごに立てかけても見えないということがわかりました。
なのでプライスカードを挟むようなメモクリップやメモスタンドのようなものを準備できたらお願いします。

それとこれは準備しなくてもいいのですが話が出ていたので参考までに。
シュークリームなどは10個買ったら持ち運び用の箱がついている、というのはないのかという話が出ました。
(ミスドの箱みたいなイメージです)
大量に仕入れている店舗なら差し入れ用として用意してみるのもいいかなと個人的には思いました。


営業チーム 佐渡かおり
スポンサーサイト
【2008/09/27 21:35】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0926_北星学園大学 第二回営業報告
【日時】:13:00~14:00

【場所】:北星学園大学・生協2Fカフェにて

【目的】:販売個数の確認・広報物の確認・試食会の展開の仕方

北星学園大学の第二回営業について、報告させていただきます。

<マーケティング関係>

(おにぎり部門):「肉味噌ジャージャー」は最初の三日間は120、150、120で仕入れて貰えます。月計の仕入れ数の提案よりは約100個の上乗せで1350個の予定です。

「さんま蒲焼」は最初の3日間は80、80、75で仕入れて貰う予定です。
月計の仕入れ個数は、提案数より少々上乗せされて890個になりました。

「昆布おにぎり」は最初の三日間、50、50、50で仕入れて貰えます。
月計の仕入れ数は提案数よりは少し上乗されて、550個仕入れて貰う予定です。

※おにぎり部門まとめ
北星はおにぎりが多く売れる傾向があるので、提案数よりは少々個数は多めに設定して頂けるみたいです。やはり、女性が多いので梅昆布のようなさっぱりなものが売り上げは他の店舗よりは良いみたいです。一方で、さんまの様な魚の商品はやはり生臭いという固定概念が強いみたいなので、そのような考えを取り払うには試食会がどれだけ重要なことだと、改めて気付かされた点でした。

<パン部門>
「シャキシャキつくねチーズロール」は最初の三日間で35、35、35仕入れて貰えます。
月計の仕入れ数は若干下方修正になり、362個になる予定です。

「ジンギスパン」は最初の3日間で30個仕入れて貰える予定です。
月計、提案数より若干上乗せで202個仕入れて貰える予定です。

※パン部門まとめ
二品とも、198円とういう点で他の商品よりは高いので一見不利にも見えますが
購買にも200円超える商品も多数置かれているのであまり気にするべき点ではないと思いました。でも、調査結果でも導きだされたように多くの学生は安くてボリュームがある商品を好むとでましたし、一般の消費者の商品購入時に重視する点も安くて品質が良いものを選ぶという考えが一般的であるし、人の行動の傾向であるので仕方のないことです。
ですから、難しい論点ですね(-_-;)。パンについては、価格よりは、ボリュームや物珍しさを全面に押していく売り出しかたの方が良いと感じました。

<スイーツ部門>
「さつまいもんぶらん」の個数については、最初の3日間は30、15、5仕入れて貰う予定です。月計の個数については、提案数より大幅な下方修正で161個です。

「モカプリン」の個数については、最初の3日間は15、5、5仕入れて貰う予定です。
月計の個数については、提案数の半分の105個です。

「サクサクプリン」の個数については、最初の個数については10、10、5仕入れて貰う予定です。月計の個数については、提案数の約半分の70個です。

※スイーツ部門まとめ
北星学園大学は女性の学生が多いので、他の大学に比べて売上は良いのだが、
スイーツよりは、菓子パンの方がよく売れるらしいので個数は少なめになってしまいました。

<広報関係>
点つり、三角ポップは店頭の方へ送付されていたそうですがポスターなどは29日に北星の届く予定です。
店頭試食会については、10月2日の11時30分から開始。
あと、試食会やりますの宣伝ポスターを作る。
というようなことが決まりました。

※北星学園大学は、他大学より閑散期終了が早いので他大学より広報物は早めに取り付けるべきだった。遅れたなりに、私大チーム内で話し合って手書きでも良いからポスターを作るべきたった。という反省点も

【最後に…】
いよいよ、発売まで一週間を切りました!!10月1日が待ち遠しいですね。
発売まで、まだ時間はあります!セミナー生、皆が一丸となって成功させましょう。
以上で報告終わります。


BS4期生 マーケティングチーム 寺澤直樹
【2008/09/27 14:48】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0922_広報チーム マスコミ様への連絡(完結)
お疲れ様です。
広報の三嶋です。

今日行ったマスコミ様への取材依頼の電話についてお伝えいたします。


株式会社STVラジオ様
株式会社エフエム・ノースウェーブ様


2社にFAXでプレスリリースを送りました。2社とも興味があれば取材していただけるそうです。

今回も色々と反省すべき点がありました(汗)

簡潔ですが、以上です。
よろしくお願いしますm(_ _)m


広報チーム 三嶋隆裕


【2008/09/22 20:31】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0920_広報チーム マスコミ様への連絡報告書(途中経過)
みなさん、お疲れ様です。
広報チームの三嶋です。

マスコミ様への取材依頼の電話について途中経過を報告いたします。
今日、電話したのは以下の3社です。


・朝日新聞社 北海道支社様
・読売新聞社 北海道支社様
・毎日新聞社 北海道支社 報道部様


3社にFAXでプレスリリースを送りました。
3社とも、興味があれば取材していただけるとのことです。


反省点
・最初の2社に、「何か質問等ございましたら、お問い合わせ先の三嶋まで連絡していただけるよう、よろしくお願いいたします。」と言わなかったこと。
・マスコミ様への取材依頼の電話がけスケジュールを具体的に決めておく必要があったこと。

月曜日に、株式会社STVラジオ様と株式会社エフエム・ノースウェーブ様に電話をしたいと思います。

簡単ですが、以上です。
よろしくお願いします。


広報チーム 三嶋隆裕


【2008/09/20 13:12】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0919_広報チーム マスコミ様への連絡報告書
みなさんお疲れ様です
本日、マスコミ様へ取材依頼の電話を致しました。早速ですが、報告致します。

○マスコミ様
・株式会社 北海道新聞社 札幌圏部 
・株式会社テレビ北海道(TVh)報道制作部 
・北海道テレビ放送株式会社(HTB)
・NHK札幌放送局
・どさんこワイド
・HBCラジオ
・株式会社FM北海道

○経過
どのマスコミ様も、こちらから言う前に、FAXをご希望されました。
それで、全てのマスコミ様にプレスリリースを送ることができました。
手ごたえにつきましては、

・株式会社 北海道新聞社 札幌圏部→約束はできないが、おそらく取材の可能性大!! 
・どさんこワイド→三十秒告知について、取材できるなら一か月先になるそうです。希望日付を書いてFAXして下さいとのことです。さらに、抽選になるようです。

 以下のマスコミ様は取材可能なら、事前にご連絡下さるそうです。
・HBCラジオ
・株式会社FM北海道
・株式会社テレビ北海道(TVh)報道制作部
・北海道テレビ放送株式会社(HTB)
・NHK札幌放送局 

○結果について(反省)
前回(試食会)同様、何か興味を持ったり、聞きたかったりしたいことがあれば連絡するという感じでした。プレスリリースについて、今回は連絡先もしっかり載せてありましたが、FAXでは白黒になってしまいます。
サンプル商品を持って実際に会社に行くのが理想的なのですが…
営業で各大学に行くということが行われていますが、会社に実際に行くことは難しいですかね…

以上でございます。
今回は少し絵文字とかを使ってしまいました。それでは、ごきげんよう!!

広報チーム 北野圭祐

 
【2008/09/19 18:46】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0918 北海学園工学部店 営業報告
営業チーム今村初美です。
遅くなりましたが北海学園工学部へ営業に行ってきたので報告します。

日時:9月18日(木)10時半~

担当者:工学部店店長 木村さん、食品担当 伊藤さん

BSメンバー:[営業] 今村、佐々木(愛) [広報]伊藤 [マーケティング]大橋 +西野さん

○販売目標数について
販売目標数はこちらが提案した数値より少なくなる可能性が高いです。
工学部店の店舗が食堂と一体型であり小さいこと、その為商品を陳列する
場所が少ない(パン、おにぎりそれぞれ陳列スペースが一段の半分くらい)
、通常でもおにぎり1種類の仕入が多くて1日7~8個などの理由がある為です。

おにぎりは、目標数だと実際に発注している数より相当多くなるので
現段階では詳しい数を出すことが難しく、検討してもらうことになりました。

パンは、工学部が男子の数が多くがっつり食べることができるパンは売れる
とのことでしたが、こちらも目標数だと多いので販売から3日間は一日3~4
個でその後は売れ行き次第とのことでした。

スイーツも同様の意見で、販売から3日間、さつまいもんぶらんシューは1~2個
、モカプリンは2個、サクサクプリンも1~2個で後は様子を見て売れ行き
次第とのことでした。

○陳列方法について
陳列方法は,ワゴンや特設スペースを設ける場所が取れない為、冷蔵ケース
のみです。

○広報物について
・ポスターはA1が1枚、A2が2枚、A3が3枚です。
・チラシはレジにて500枚配布になりました。去年の枚数だと余ってしまったそうです。
・三角POPは20個ほど置いてもらえるそうです。また作成も行ってもらえるとのことでした。
・プライスカード、手書きPOPも設置可とのことでした。

○最後に
北海学園・工学部店の皆様、今回はお忙しいところありがとうございました!
また今回西野さんをはじめ、営業に同行してくれた
みなさんもありがとうございました!!
以上で報告を終わります。

営業チーム 今村初美




【2008/09/19 00:44】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0912北大保健・工・中央営業
営業チームの佐渡かおりです。
遅くなりましたが北大保健学科店、工学部店、中央店の営業報告をします!

◎保健学科店 10:00~ 担当者:田牧恵美子さん
  BSメンバー:工藤、佐渡(営業)、武井(マーケティング)

仕入れ数に関しては田牧さん自らが試食してから、最終的には決定したいということでした。
ですが今のところの予定として数をご提案いただきました。

肉みそ:30 さんま:20 梅こんぶ:20 ジンギス:15 つくね:15 シュー:10 モカ:10 サクサク:5
試食後にもう少し追加することは可能だそうです。

店舗は閑散期(~28日)は1人で、通常期は2人体制で営業をしています。

ポスターはA2が1枚、A3が3枚、ちらしが200枚とのことです。

要望としては
・試食品がほしい
・パンのカロリー表示
・サクサクプリンのグラム数
をあげられていました。


◎工学部店 11:00~ 担当者:芳賀さん
  BSメンバー:工藤、佐渡(営業)、武井(マーケティング)

現在は仮店舗なので春まで電子レンジが近くにないそうです。(食堂のちかくにあります)
バックヤードはあるそうです。

工学部は29日から新学期ですが最初の1週間はあまりお客さんが来ないそうです。
また週末に向けてもお客さんが減ることから、2週目あたりに仕入れ数を増やしたほうがいいという提案を受けました。
学生さんだけではなく職員さんも利用するようです。
仕入れ数に関してはこちらの提案に賛同していただけました。
ただスペースの関係上、特設コーナーは難しいそうです。(Cタイプなら可能だそうですが)
またスイーツは売れますが、こちらも置き場所がないために数を増やすのは難しいとのことです。

個別の商品については
・肉系は人気がある
・梅は売れ残ることもあるために梅こんぶはきついかも
・調理パンは様子を見つつもう少し数を入れられるかも
・スイーツは高くても品物が限られているので買っていく
ということでした。

あと今のところは入っていないのですが、なんらかのセールがある可能性があるので確認したほうがよさそうです。

ポスターはA1が1枚,A2が1枚、A3が3枚、ちらしが1000枚という提案をいただきました。

発注担当者が変わる恐れがあるので、スイーツが11分類の何にあたるか確認をしたほうがよさそうです。


◎中央店 13:00~ 担当者:小場和美さん(スイーツ担当者は別だそうです)
  BSメンバー:工藤、佐渡(営業)

仕入れ数は
肉みそ:80 さんま:80 梅こんぶ:60 ジンギス:40 つくね:40 シュー:30~40 モカ:10~12 サクサク:10~12
と大幅に増やした提案をいただきました。
こちらではさんま蒲焼を推したいというのと、カリカリ梅が入ったおにぎりが売れるので梅こんぶも売れるかもということです。

店舗には小さい冷蔵庫はありますがバックヤードはないそうです。
陳列は通常の冷蔵コーナーのほかに去年同様に特設スペースを設けていただけるそうです。
またそのほかに昼食時には1階玄関先にもコーナーを設けてくださるそうで、そこで試食会を実施したいという要望もいただきました。
玄関先では観光客の方も買っていき、特におにぎりが売れるそうです。

ポスターはA1が2枚、A2が1枚、A3が5枚だそうです。

要望としてはプライスカードは各売り場に置きたいので3枚ずつほしいそうです。

【2008/09/17 22:28】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0916_北大農学部店・薬学部店営業
営業チーム佐々木愛です。北大農学部店と薬学部店に営業に行ってまいりました。


○農学部店 11:00~ 担当:茂筑さん
  BSメンバー:佐々木(愛)、佐々木(博)、武井

【内容】
・BS商品のご案内(茂筑さんは食品プレゼンでアイテムについては前もって知っておられました)
・広報から宣伝物等のご相談
・マーケティングから販売個数のご提案

【結果】
広報関係についてはディスカッションに詳細をあげました。
大きいA1は「生協の乱」で2枚、A2も同様で1枚、A4は三種類を2枚ずつで計6枚です。
ちらしは昨年余ったそうで、600枚から400枚になりました。

販売個数はかなりご配慮いただきました!!
10/1~3の販売数を調整しました。肉味噌以外はいずれも個数アップです。
肉味噌:そのまま
さんま:60個
うめ昆布:45個
シャキシャキ:45個
ジンギス:30個
さつまいも:30個
モカ:15個
サクサク:15個



○薬学部店 14:00~ 担当東(あずま)さん
BSメンバー:同上


【内容】
・BS商品のご案内(東さんも食品プレゼンでアイテムについてはだいたい前もって知っておられました)
・広報から宣伝物等のご相談
・マーケティングから販売個数のご提案

【結果】
広報関係についてはディスカッションに詳細をあげました。
薬学部店は小さかったので、A2を「生協の乱」で1枚、A3を三種類1枚ずつで計3枚、A4を「生協の乱」は1枚他2枚ずつで計5枚です。店つりは2つです。
お昼時には少しはなれた入り口のホールにある自販機の横でテーブルを出しての販売も行うそうなので、そことの二箇所展開です!(そちらではスイーツも可動式の冷蔵ケースで販売可能です。)
ちらしは昨年同様600枚です。

販売個数については農学部店様同様かなりご配慮いただきました!!
ただ、他の商品を控えてBS商品を並べる分、三日目には飽きてしまうことがあるため、1日目2日目と3日目の個数を分けて具体的にご提示いただきました

肉味噌:1日目2日目→1日40個、3日目→20個
さんま:1日目2日目→1日40個、3日目→20個
うめ昆布:1日目2日目→1日40個、3日目→10個
シャキシャキ:1日目2日目→1日30個、3日目→20個
ジンギス:1日目2日目→1日20個、3日目→10個
さつまいも:1日目→30個、2日目→20個、3日目→10個
モカ:1日目→10個、2日目→10個、3日目→5個
サクサク:1日目→10個、2日目→5個、3日目→5個


初瀬尾くんのポスター、担当の方に好評でしたよ(笑)


では分かりにくい箇所もあるかと思いますが、以上で報告といたします。
BS4期生営業チーム 佐々木愛
【2008/09/16 19:11】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0916営業 北大北部食堂1階
【日時】 9月16日(火) 15時~

【場所】 北大北部食堂1階 (担当) 中嶋さん

【参加者】 (広報) 田中・三嶋
       (マーケティング) 寺澤
       (営業) 阿部

【目的】
     第一回営業
     ①商品の紹介
     ②各商品の仕入れ個数の提案(目標販売数)
     ③商品の陳列の提案
     ④手書きポップ設置の提案
     ⑤宣伝物送付のお願い
     ⑥バックヤードの有無を確認

【報告】
②各商品の仕入れ個数の提案(目標販売数)
(おにぎり)
・肉味噌ジャージャー 120個/月
・さんま蒲焼き 100個/月
・うめ昆布  140個/月
(パン)
・ジンギスパン 90個/月
・シャキシヤキつくねチーズロール 110個/月

(スイーツ)
・さつまいもんぶらんシュー 75個/月
・ほろにがモカプリン 80個/月
・サクサクプリン 49個/月

と提案どおりになりました。
売上状況によって変わっていきます。

③商品の陳列の提案
北部食堂の昼時はとても混むので、通路など新たに特設スペースを作ることは難しいです。
ただ、去年のように食堂の通路に面した冷蔵庫の上に、商品を陳列するという方法は今年もできます。また、冷蔵ケースでの陳列は可能です。

④手書きポップの設置の提案
手書きポップを設置させてもらえます。

⑤宣伝物送付のおねがい
(ポスター類)各サイズ去年と同様5枚ずつです
(三角ポップ)200個くらいで、制作もしていただけます。
(ちらし)4000枚配っていただけます(1日3800~4000人食堂に来店)

⑥バックヤードの有無
バックヤードあります。

食堂には秋メニューがたくさん出ていて美味しそうでした。
以上で営業報告終わります、同行してくれたみなさんありがとうございます!

営業チーム 阿部夏季



【2008/09/16 16:40】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0913 第13回 プロモーション計画と営業・販売
先ほど残ったメンバーでご飯食べに行って若干お腹が痛い僕が今日のセミナーをまとめます!!

<単元>商品販売に向けた最終確認

<目的>①各チームの商品発売に向けた計画と進捗状況の共有、課題への対応
      ②商品発売後のプロモーション計画

<内容>
○営業報告○
・第1回営業の各店舗の報告はメーリス・ブログ等で報告済み
・第2回営業は9月24・25日を予定
・10月1・2日に店頭試食会開催(これについては各チームの協力が必要)
・10月9・10日、23・24日にそれぞれ第3・第4営業を予定(販売動向の確認)

○広報報告○
・ポスターデザインについては、予定されていた赤かオレンジを基調にする方向で?
・三角POPは赤のままでいいのでしょうか?(あまり把握してなくてごめんなさい)
・陳列方法については、各店舗で必要のものの確認必要あり
・手書きPOPは最終週までには作成、大きさの確認必要あり
・ちらしは配布方法を確認する必要あり
・プライスカードも大きさの確認必要あり
・QRについては、商品説明に重点、BS太郎ランキング、4こまマンガ等のコンテンツを充実させる(随時更新予定)
・ティッシュ配りは(株)ジオス様から2000個提供(北大・商大・北星で配布予定)
・各大学で広報お願い(各大学のHP・ブログなどに掲載)

○エリアチーム○
木村荘からの提案により実現
チーム分けとしては②地域別に決定
その後チーム分けした後、チームごとに会議
その内容としては、10月の販売目標設定、残った部分は各チームのマーケが担当

○マーケ報告○
全体の販売目標でおにぎりについて、肉味噌12000個、さんま蒲焼10000、うめ昆布7000個に設定
営業における店舗との交渉によって数値修正の可能性


試合後ということもあり、疲れ気味でセミナーに望んだため、細かな内容はつかめていないかもしれませんが、このような感じだったと思います!!
全体写真に写ることができなくて本当に残念でした。。。
また撮る機会を作ってください☆
以上で報告を終わります!!

営業チーム 高橋 涼
【2008/09/13 23:13】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0912 酪農学園大学営業報告
○日時 9月12日 13:30~

○場所 酪農学園大学中央会館

○参加者 山岸・三島・小幡


【報告内容】
1.販売目標個数について
  すべての商品で数値がアップしました!
・肉味噌ジャージャー   中央店 1日120個(3日間様子見で)
               会館店 1日60個(3日間様子見で)

・さんま蒲焼   中央店 1日120個(3日間様子見で)
           会館店 1日60個(3日間様子見で)

・うめ昆布    中央店 1日80個(3日間様子見で)
          会館店 1日60個(3日間様子見で)

・シャキつく   中央店 1日80個(3日間様子見で)
         会館店 1日12~13個(3日間様子見で)

・ジンギスパン   中央店 1日60個(3日間様子見で)
            会館店 1日12~13個(3日間様子見で)

・さつまいも     中央店 1日20個(3日間様子見で)
            会館店 1日15個(3日間様子見で)

・モカプリン     中央店 1日15個(3日間様子見で)
            会館店 1日10個(3日間様子見で)

・サクサクプリン    中央店 1日15個(3日間様子見で)
             会館店 1日10個(3日間様子見で)


2.陳列方法について
  中央店はワゴンに商品を置くことを検討してくれると言っていました!会館店はスペースの関係上冷蔵ケースでの販売になりそうです!

3.広報物について
  中央店と会館店を合わせて以下のようになりました!
  ポスターA3…8枚
  ポスターA1…3枚
  ポスター横長…3枚
  三角POP…70個
  チラシ…3000枚
  プライスカード…1つの商品につき8個づつ

4.バックヤードの有無について
  中央店はバックヤードはないそうです!会館店はバックヤードがあるそうです!

5.最後に
  酪農学園大学の生協の皆様、本日はありがとうございました!目標販売個数が少なすぎなのでは?というアドバイスもいただきました!もっと自分達の商品に自信を持つことが大切だと実感しました!試食会もやった方がよいとのアドバイスもいただきました!特にロールパン系は見た目がそんなによい訳ではないので、試食会でおいしいと分かってもらえるようにやった方がよいと言っていました!今日いただいたアドバイスをもとに、これからの活動を頑張っていきたいです!


営業チーム 小幡 卓也





【2008/09/13 10:49】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0911北大北部店訪問
今日は北大北部店さんに伺い、商品の展開、納入量の打ち合わせをしてきました。北部店だけでなく北部店の東店長さんが担当しているポストゲノム店、獣医学部店、学生寮店について一括して話をさせていただきました。
商品の展開方法についてはおおむねイメージどおり行えそうです。納入量に関してはまだまだ見通しの甘いところがあったので今後店長さんのアドバイスなどもいただきながら改善していき、再来週の最終の打ち合わせまでにしっかりつめていけたらと思います。
ブログでは写真なども載せていこうという話でしたが、今回は緊張して忘れてました。次回はぜひ撮ってくるつもりです。
東店長のお話は今回の商品のことだけにとどまらず、勉強になることが多かったです。ありがとうございました。次回はぜひ写真のほうも撮らせてくださいね。このブログを読んでくれてる前提で書いちゃってますが(笑)
というわけで今日の報告でした。

BS4期生 営業担当 後藤創
【2008/09/11 23:25】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0911_北大会館店営業報告
こんにちは!営業チーム佐々木愛です。

本日は10時~北大医学部店(阿部・佐々木(博)・佐々木愛)へ
13時半~北大会館店(阿部・佐々木愛)へ営業に行ってまいりました。
私からは会館店の報告をしたいと思います。

まず、販売数ですが、おにぎりは会館店は売れても一日250個だそうなので、三つあわせて一日150くらいの仕入れ数ということでした。(提案させていただいていたのは三つ合わせて200個ほど)

しかしモカプリンに関しては一日10個とこちらの提案より多く置かせていただけることになりました。
その他のアイテムに関してはだいたいこちらの提案した内容で賛同をいただきました!

北大の中で後期に一番売り上げがあるのは「工学部店」だそうです。
会館店は店舗の広さはあるけれど、中央店・工学部店・北部店に比べ客数は少ないそうです。
雨が降ると一気に減ったり・・
なのに工学部店の部分だけ数値が少なく見積もってあるのを指摘され、唖然としました!


陳列方法は昨年同様Aパターンで入り口とレジのすぐ近くにスペースを設けていただくことになりました。しかし特設スペースに商品を置く時間はお昼の間のみで、その他の時間帯では安全のため冷蔵ケースでの陳列ということでした。ただし冷蔵ケースもコーナー化しておにぎりとパンとスイーツを縦にかためて置いてくださることになりました。
広報物に関しては、手書きPOPは各店舗によってできる大きさを確認した方がよいということでした。
会館店ではプライスと同じ大きさがよいそうです。

担当の秋元さんからは、一日目二日目は店頭に立って試食会を実施することを強く勧められました。
とくにロールパン系は食べておいしいと分かってもらうためにも力を入れたほうがいいでしょう!

では乱文失礼しました!
BS4期生営業チーム 佐々木愛
【2008/09/11 16:28】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0911 札幌学院大学営業
【日時】9月11日 10時半~

【場所】札幌学院大学生協

【参加者】小幡・桑本・山岸

【目的・内容】商品発売に向けて札幌学院生協の方と話し合い


《話した内容》
○陳列方法について
特別スペース・ワゴンに商品を置くことに関して、どちらも可能なようです。
また、バックヤードには商品を置かず、2箇所に場所を分けて届いた商品は全部いっぺんに並べるそうです。

○販売目標数について
どの商品ももっと仕入れ可能なようです。具体的には・・・
・肉味噌ジャージャー→1日150個(最初の1週間様子見で)
・さんま蒲焼→1日100個(最初の3日間様子見で)
・うめ昆布→1日50個(最初の3日間様子見で)
・つくねチーズ→1日60個(最初の3日間様子見で)
・ジンギスパン→1日50個(最初の3日間様子見で)
・さつまいもんぶらん→1日40個(最初の3日間様子見で)
・モカプリン→1日20個(最初の3日間様子見で)
・サクサクプリン→1日10個(最初の3日間様子見で)
・・・といった感じです。

○ポスター・ちらし・ポップについて
ポスターは1つのサイズにつき2枚以上あった方が良いそうです。結構張れる場所があるみたいなので。ですが、ちらしはあまるみたいなので500枚くらいでよいそうです。
ポップについてですができるだけ早く完成したものが見たいそうです。できたポップ以外に必要なもの(足りないもの)があれば大学の方で作るとのことだったので。

《最後に・・・》
札幌学院生協様、お忙しいところお時間頂きましてありがとうございました。
今回の話し合いも含めて商品発売に向けて頑張っていきたいです。

話合いの写真を載せるつもりだったのですが、すっかり撮り忘れてしまいました。
明日は撮り忘れないよう気をつけます!

営業チーム 山岸 愛
【2008/09/11 15:16】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
0911 営業 北大医学部店
【日時】 9月11日 10時~11時

【場所】 北海道大学医学部店

【参加者】 (営業)佐々木愛、阿部夏季
       (広報)佐々木博子

【目的】第一回営業
     ①商品の紹介
     ②各商品の仕入れ個数の提案(目標販売数)
     ③商品の陳列の提案
     ④手書きポップ設置の提案
     ⑤宣伝物送付のお願い
     ⑥バックヤードの有無を確認

【報告】
②各商品の仕入れ個数の提案について
(おにぎり) 
・肉味噌ジャージャー240個/月
・さんま蒲焼200個/月 
・うめ昆布140個/月
を提案したところ、快諾していただけました

(パン)
食堂と隣接しているため、お昼は食堂を利用する学生が多いそうなのですがそれでも私たちの提案より多い数を仕入れていただけることになりました。最初は各商品10個ずつ仕入れて、1週間くらい様子をみて再度仕入れ数を増減します。
・シャキシャキチーズづくね10個/日
・ジンギスパン10個/日

  

(スイーツ)
医学部店は北大内でもっともスイーツが売れる店舗だそうで、店内には他店では見たことのないようなスイーツが多数そろっていました。また、200円代のスイーツも並んでいることから、「サクサクプリン(170円)も高いと思わないよ」と嬉しいコメントをいただきました!
また、シュークリームは人気商品で1日10~20個は売れるそうです。
これらのことから、私たちの提案した数値より沢山仕入れていただけることになりました。
・さつまいもんぶらんシュー50個/月
・ほろにがモカプリン50個/月 
・サクサクプリン40個/月
 


③商品の陳列提案
お店の中央にBS商品用の特設スペースを設けることができます。


④手書きポップ設置の提案
医学部店はポップにも力を入れていまして、ハート型のポップや写真のポップなどいろいろな物を作ってきたそうです。ということから、私たちが作る手書きのポップにも賛成していただけました。
また、ポップにはキャッチコピーの他に、商品説明のポップもあるとよいと教えていただきました。
担当の松永さんは今までさまざまなポップを生み出しており、BSポップの案も楽しみにしていらっしゃいます。完成したものを提案すれば素敵なアドバイスがもらえるかもしれません。


⑤宣伝物送付のお願い
去年と同様の量のポスター等を使っていただけます。

⑥バックヤードの有無の確認
医学部店はバックヤードがありません。
ただ、スイーツの売るスペースは大きいです。


【最後に】
今回話をさせていただき担当の松永さんから「学生も頑張っているから、他の商品を売るのをストップしてでもBS商品を売る勢いで挑戦したい」という、とても嬉しいコメントをいただきました!
あとは頑張りが売り上げに反映すれば良いなと思います!!

それでは今日も1日ありがとうございました。
BS第4期生営業 阿部夏季


【2008/09/11 12:11】 | 営業報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0907 ラジオ局訪問
○日時 9月7日(日) 13:00~15:00
○場所 中央区北1条西27丁目 廻廊ビル3階
○参加 木村(荘)・武井・佐々木(博)

○目的 BS商品紹介のラジオ放送打ち合わせ

○確定した結果
FMカロスサッポロでBS商品の紹介をさせていただけることになりました。
商品紹介時間は12~14時の間で40分間いただきました。
商品紹介は木村(荘)・武井・田原・佐々木(博)の4名で行います。

10月5日(日)、電波に乗ります。


○確定に至る、経過
・『スタジオの雰囲気を知る
今回、放送時間にお邪魔してBSに関係なく、スタジオの雰囲気を感じてきました。

3人、当然のごとく緊張しました(笑)
ご迷惑をおかけした点もありましたが、スタジオの方々のご配慮もあり、楽しく過ごすことができました。
ありがとうございます!!


・『声で伝えることの難しさ
ラジオ、伝えるツールは声です。
身振り手振りなどノンヴァーバルなものは、リスナーの方には伝わりません。
私は頷いたりしていたのですが、リスナーの方々には確実に伝わりませんでした(笑)
今更ながら、積極的に声を出すことが大事な場だと気付かされました。

そのように考えると、商品紹介も見なくてもわかる様な説明が必要なのだろうと思います。
BS担当してくださっているチアキさんから、『ラジオは聞き手と話し手がタイムリーにコミュニケーションできる唯一ツールなので、この機会に言葉で伝える楽しさと難しさを味わってください』とのお話をいただきました。
放送させていただけるからには、良いものにしたいです!


○今後の予定
・台本作り(締め切り来週辺り、9月中旬を目処に)  武井担当
・予定表作り(同上)                    佐々木(博)担当

9月下旬には参加者で打ち合わせを行いたいです。
代表の喋りに期待です!
10月5日、お時間のある方、チューナーは78.1MHzに合わせて聴いてください。

乱文失礼しました。それでは!

文責 佐々木博子
【2008/09/08 02:10】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
906_マーケティング会議
【日時】9月6日 13:00~17:00

【場所】北海道大学・クラーク会館にて

【参加者】大橋・木村(荘)・武井・寺澤+百石さん

【目的・内容】目標販売数の決定


<確定した内容&それに至った経緯>
前回のマーケティングチームの話し合いで、決定した各商品の1か月の販売個数を元に各大学に振り分けました。また、思い切って売らない店舗だとかも決めたりしました。

(肉味噌ジャージャー)
肉味噌の類似商品として、去年のBS商品である韓流ビビンバや大学生協のおなじみである、焼き肉おにぎりの売上数を考慮して決定しました。
各大学で売れ行きの状態がまちまちで、例えば、男性の学生が多い室工は焼き肉おにぎりが売れるとか、女性の学生が多い北星でも焼き肉おにぎりが売れるだとか、いろいろ興味深いデータがありました。
前回のミーティングで販売個数を12000個と決めました。先に述べたように、各大学での類似商品の売れ行きを元に販売目標数を決定しました。
⇒最大のマーケットである北大の各店舗の総計は全体の44%を占め、続いて北海・北星・札学院・室蘭・樽商大は各8%、酪農は7%、札教3%、旭教2%、帯畜4%、と決めました。

(さんま蒲焼き)
さんまの類似商品として、BS商品である甘辛こぼうin鳥そぼろの売上数を考慮して決定しました。8月23日に開催されたモニタ試食会において、さんまおにぎりは比較的リピート率が高い商品だとアンケート結果から得られたので、期待を込めた意味で販売個数を
10000個と設定しました。
⇒北大全店舗44%、北海計7%、酪農計8%、北星9%、札学院8%、札教3%、旭教2%
室工6%、樽商大8%、帯畜5%と決めました。


(梅昆布おにぎり)
梅昆布の類似商品として、梅系のおにぎり、昆布系のおにぎり、BSカリっと高菜の売上数を考慮して決定しました。販売個数は7000個。
この商品は、女性の客層にうけるという点などをも考慮に入れ、個数を決めました。
⇒北大全店舗47%、北海計8%、酪農計6%、北星計8%、札学院5%、札教5%、岩教3%
旭教3%、室工5%、樽商大6%、帯畜4%に決まりました。

(しゃきしゃきつくねチーズロール)
シャキシャキの類似商品として、BS照り焼きとうふバーグ、ハンバーグエッグロールの売上数を考慮して決定しました。販売個数5500個
⇒北大全店舗41%、北海計6%、酪農計8%、北星計7%、札学院5%、札教3%、岩教3%
旭教3%、室工10%、樽商大9%、帯畜5%に決まりました。

(ジンギスパン)
類似商品として、照り焼きチキンロールの売上個数を考慮して決定しました。販売個数3000個
⇒北大全店舗49%、北海計8%、酪農計6%、北星計6%、札学院7%、札教2%、
旭教2%、室工11%、樽商大4%、帯畜5%に決まりました。

(さつまいもんぶらんシュー)
類似商品として、ヤマザキ大きなツインシューの売上数を考慮して決定しました。販売個数1500個
⇒北大全店舗34%、北海計8%、酪農計5%、北星計20%、札学院5%、札教5%、岩教2%
旭教3%、室工11%、樽商大5%、帯畜2%に決まりました。

(モカプリン)
類似商品として、森永たっぷりホイップクリームコーヒーゼリー(R)、森永エンゼルプリンココア200gの売上個数を考慮して決定しました。販売個数1000個
⇒北大全店舗37%、北海計7%、酪農計7%、北星計20%、札学院7%、札教5%、岩教1%
旭教2%、室工7%、樽商大4%、帯畜5%に決まりました。

(サクサクプリン)
類似商品として、森永焼プリン140gの売上個数を考慮して決定しました。
この商品に関しては、まず最初に限定販売するだとか、札幌圏限定とかを売りにして消費者の購買意欲を高める作戦を考えたりしました。販売個数600個
⇒北大全店舗41%、北海計6%、酪農計8%、北星計20%、札学院7%、札教5%、
室工7%、樽商大6%、に決まりました。

【最後に…】
このような作業は全くの、未経験だったので最初は戸惑いましたが、なんとか皆さんに提示できる数字が導き出せました!!
これからは、営業チームや広報チームをバックアップできるような確固たるデータを提供できるよう努力します。
今頃になって、稲刈りに参加すればよかったなあと後悔している寺澤でした(-_-;)


マーケティングチーム 寺澤直樹
【2008/09/07 23:29】 | チーム報告書 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
0905 試食会
○日時 9月5日(金)14:00~18:00
○場所 事業連合 商談室
○参加 小幡・木村(荘)・木村(有)・工藤・後藤・佐々木(愛)・三嶋・佐々木(博)+百石さん

○内容 商品の試食、商品コンセプト・キャッチコピーの討議
○目的 肉味噌ジャージャーおにぎりとサクサクプリンの味を決定する
   

○確定した結果
・肉味噌ジャージャーおにぎり⇒改良版を商品化
・サクサクプリン⇒改良版を商品化

○確定に至る、経過
・肉味噌ジャージャーおにぎり
改良前のおにぎりと辛さを増した改良版おにぎりを元気工房の友杉様に持ってきていただきました。食べくらべて、セミナー生で上がってきた感想は以下のようなものがありました。

「改良版は後から辛さがくる」
「辛いものが苦手だが、改良版の辛さはイケる」
「改良前は甘辛な感じだが、改良版はピリ辛っていえる」

改良版は確かに辛さが増していました!
その辛さの程度は、一口噛んで直ぐに辛さを感じる激しいものではなく、噛んでいて後に少し辛さを感じるものでした。
まさしく「ピリ辛」!!
具を食べると、肉味噌の風味が口いっぱいに広がります。

どちらも美味しかったのですが、「ピリ辛」に合致する味は改良版でした。
よって、改良版のおにぎりで商品化することに決定しました。

・サクサクプリン
サクサクプリンは「容器が大きい」「ふたが開けずらい」「価格が高い」とのマイナス要素がありました。
しかし、今日届けていただいたものをみてその場にいた全員驚きました。

容器が・・・小さい
080905_1505~01


以前の大きい容器と比べ、可愛らしいフォルム。
価格は170円(税込)にまで抑えてくださいました。19円ダウン。

モニター試食会で「味が甘すぎる」との声が多くあったので、糖度3分の1カットの改良版とこれまでの甘さのプリンをご用意していただきました。
食べ比べた結果、どちらも美味しかったです!
従来の甘さのプリンも濃厚で美味なのですが、「サクサクと合わせると少しくどい」との意見もありました。
サクサクミルフィーユと一緒に食べるのが、サクサクプリン、最大の魅力です。
サクサクとの味のバランスが良いもの…と考えると、甘さを少し控えた改良版の方が適しているとの意見で一致しました。
したがって、改良版を商品化することにしました。

サクサクのミルフィーユ部分にチョコがかかっていて、それをスプーンでザクザク壊して食べるのが楽しいです。
食感ともに、食べ方も楽しめる商品だと思います。
札幌パリ様がこのように改良してくださった商品に、商品開発者の工藤さんをはじめ、セミナー生一同「これは売れる!」と声多数でした。


・各商品のコンセプト・キャッチコピー
8月27日(水)のセミナーで、モニター試食会の結果をふまえるとコンセプト・キャッチコピーを変更した方が良いものについて話し合いました。

4商品(うめ昆布おにぎり・さんま蒲焼おにぎり・シャキシャキつくねチーズロール・さつまいもんぶらんシュー)について、Googleディスカッションに出てきた意見を踏まえつつ意見を出し合いました。
その時出てきた重要な点としては、「ネガティブワードをコンセプト・キャッチに使わない」ということが出てきました。

例えば、さんま蒲焼おにぎりで「生臭くない!」というキャッチコピー案がありました。
さんま蒲焼のパッケージを見て、「生臭いんじゃないの?」と思った学生には効果はあります。
しかし、さんま蒲焼を生臭いと思っていなかった人でさえ、「生臭くない!」と表記してあるのを見ることで、生臭さをイメージしてしまいます。
「ネガティブな部分を強調するのではなく、プラスの部分を強調しよう!」との話になりました。

その他、意見がたくさんでてきたので、資料にまとめて10日の営業との合同会議で各商品のコンセプト・キャッチコピーを決定したいと思います。


○次回までの課題
各商品キャッチコピー・コンセプトの資料作成  広報チーム


【最後に…】
元気公房様、札幌パリ様のご協力にひたすら感謝した一日でした。
ありがとうございます。
私たちも商品が売れるよう、頑張りましょう!

文責 佐々木博子
【2008/09/06 15:37】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
0904 広報チーム会議
○日時  9月4日 13:00~17:00

○参加  笠原、佐々木(博)、三嶋、北野、阿部、桑本、百石さん

○場所  事業連合2階 商談室

○目的  ポスターの共通キャッチコピーの決定&サブキャッチコピーの決定。8月30日に決めた各自の役割での途中経過の報告。

○確定した結果&結果までの過程

マスコミへのプレスリリース 
完成したプレスリリースを北野くんが作ってくれました。今のところでは、取材に来てもらえるようなイベントがないので、10月1日の発売に合わせた大学での試食会に呼んでもらえるような記事にしてはどうか?ということで、話がまとまりました。

マスコミへの電話 
電話連絡の名簿を作ってもらい、これをもとに電話してみて、以前の内部試食会のように来てもらうためにはプレスリリースなどを相手様にFAXするなどして、こちらの本気度や、やる気を見てもらってはどうか?という話になりました。

陳列方法・ティッシュ配り 
 陳列方法は店舗によっても違うので、営業チームと意見を摺り寄せながら、店舗との話し合いで決めることになりました。
ティッシュ配りは、どこで、どのぐらいの量を配るのかをまだ模索中で、今度の話し合いで、もっと具体的な話をしてみることになりました。

ポスターについて
ポスターは3種類を作り、各大学に貼ることになりました。また、ポスターは写真とイラストのどちらが良いかという話になり、話し合いの末、楽しいから写真ということになりました。また、ポスターは、歩いてる人はあまり目に留めず、覚えている人は少ないということでインパクトを重視し、ポスターとして伝えるのはインパクトだけで、内容物を具体的に載せるのは違う広報物にするということに決まりました。
ポスターの共通キャッチコピー
 共通キャッチコピーとしては 「FROM学生TO学生」と「学生の考え、カタチにしてみました」の2つまで候補を絞り、ポスターの出来で良い方を選んでみるという話になりました。
ポスターのサブキャッチコピー
 候補としては、「一緒に食べよ♪」と「衝撃デビュー」と「生協の乱」の3つで、これをイメージした写真を撮り、ポスターの原案としました。先ほど、googleグループにupしましたので、もしよかったら見てみてください。

○次回までの課題
はっきりって山積みです(汗)優先順位としては、ポスターを作製することが最重要課題となるので、ポスターの原案から出来上がる片木さんのポスターを先ず見てみて、メインのキャッチコピーを決定させましょう。次のBSまでに今までやってきた広報物の現状や、これから行う広報物の優先順位などをまとめたものを僕がupしておきますので、一回頭をすっきりさせて、整理してから、また来週から頑張りましょう!!

○最後に
昨日の話し合いでは、阿部さん、桑本さんと広報チームとは別のチームの人が助けに来て下さり、大変助かりました。お二人とも自分のチームがお忙しい中、来ていただいてありがとうございます。
感謝です。感謝ヽ(´∀`*)ノ感激
さて、もう9月ですね。後、BSも半分しか残されていないって考えてみると、あっという間だったような気もします。みんなで自分の意見を言い合って、いいものを作るっていうのは、大変だけれど、楽しいって思います。10月に入ってしまうと、後は人事を尽くして天命を待つという思いしかないので、今月、悔いの残らないように、最後まで頑張っていきましょう!!祭りはやっている時よりも準備している時の方が楽しいっていいますしね♪
名言集はこの辺にしまして。
でわでわ 了ノヽ゛∃_φ(・ω・´ )

広報チーム 笠原
【2008/09/05 10:39】 | チーム報告書 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
0901 マーケティングチーム会議
○日時  9月1日 13:00~15:00
○参加  木村(荘)、武井、大橋、寺澤、桑本、百石さん
○場所  事業連合2階 商談室
○目的  商品ごとの販売個数を決定


○確定した結果
商品ごとの1ヶ月の販売個数を決定しました。(大学生協全体)
・肉味噌ジャージャー
 →12,000個
・さんま蒲焼
 →10,000個
・うめ昆布
 →7,000個
・シャキシャキつくねチーズロール
 →5,500個
・ジンギスパン
 →3,000個
・恋の味!?ほろにがモカプリン
 →1,000個
・さつまいもんぶらんシュー
 →1,500個
・サクサクプリン
 →600個

サクサクプリンについては、毎日「1店舗3個限定」もしくは「札幌圏限定」で売り出すことを考えている。




○結果に至るまでの過程
それぞれ前回のセミナーで割り振った商品の販売個数とその根拠を発表。
昨年度のPOSデータとライバル商品との比較、その他さまざまな要因を考慮。
その上でみんなが話し合って決定。

[市場全体でのプラス要素]
10月1日からの発売開始可能→来客数が多い
バリューフェアとかぶらない


[おにぎりの市場傾向]
おにぎりの売り上げが伸びている(第1位の売り上げ個数が調理パンの2倍以上)
おにぎりは手軽に手にとってもらいやすいし、単価も安いのでBS商品の中で一番の売り上げ個数が期待できる

<肉味噌>
1ヶ月 12,000個
根拠
・肉味噌は今回のBSおにぎり商品の中で一番手にとられやすいもの
・肉系の需要は大きい
・ピリ辛の点でライバル商品と差別化
・アンケートから味に関する高評価
・110円という手にとられやすい価格
・BS商品という話題性
・試食会結果とライバル商品のPOSデータとの考慮

<さんま>
1ヶ月 10,000個
根拠
・味についてのかなりの高評価
・店頭試食会の効果が大きい商品
・魚のおにぎり→手に取りにくい?
・BS商品という話題性
・試食会結果とライバル商品のPOSデータとの考慮

<うめ昆布>
1ヶ月 7,000個
根拠
・パッケージが人気
・女性からの評価高い
・うめorこんぶが苦手な人は手を出しにくい
・うめ、こんぶおにぎり自体の数字があまり高くない
・サッパリ味のおにぎり→組み合わせ的に○
・BS商品という話題性
・試食会結果とライバル商品のPOSデータとの考慮




[パンの市場傾向]
パンの売り上げが低下している(最高でも月間約6,000個)
上位のパンを見てみると、ボリュームはあるがあまりがっつり、こってりしすぎていないパンが人気がある。
おにぎりに比べて人気が分散している

<シャキシャキつくねチーズロール>
1ヶ月  5,500個
・味についてのかなりの高評価
・ボリュームはあるがあまりこってりしすぎていないので人気が出る
・BS商品という話題性
・試食会結果とライバル商品のPOSデータとの考慮

<ジンギスパン>
1ヶ月  3,000個
・商品改良中
・つくねチーズロールと同価格
・肉がメインのようにこってり・がっつりしすぎているパンはあまり高い数字を出していない
・ジンパの風潮がある北大で人気を見込める
・BS商品という話題性
・試食会結果とPOSデータの考慮
→「秋だってジンパしたい!」などのコピー案



[スイーツの市場傾向]
市場自体が小さい(最高月間2,000個未満)
BS商品はゼリー等に比べ賞味期限が短い
BS商品の価格が全体的に生協スイーツの価格帯では高め
BS商品としてはスイーツは初の試みなので予想が困難

<恋の味!?ほろにがモカプリン>
1ヶ月  1,000個
・味・パッケージについての高評価
・占いによりグループでの需要が見込める
・モカプリンという生協には目新しいもの
・BS商品という話題性
・試食会結果とPOSデータの考慮

<さつまいもんぶらんシュー>
1ヶ月 1,500個
・味についての高評価
・「限定」が強い
・シュークリームは手に取りやすい
・ライバル商品が少ない
・定番商品になる可能性も
・BS商品という話題性
・試食会結果とPOSデータとの考慮

<サクサクプリン>
1ヶ月 600個
・商品改良中
・価格、大きさに対してのネガティブ要素
・「限定」と売り出すことによって、消費者にとっても大学生協としても良い
→「1店舗1日3個限定」と売り出すことによりプレミア感が出る
また、売り上げの結果によっては「札幌圏限定」という方向性も。

以上さまざまな条件を考慮してみんなで話し合い、納得のいく答えを出しました。



○次回までの課題
商品ごとの販売個数が決定されたので、それを各店舗に割り振って店舗ごとの売り上げ目標を立てる。
商品と店舗の特徴をつかみそれぞれ考えてきてその上でまた集まって話し合い、必要なら販売個数も調整する。(6日)

担当商品
・肉味噌、さんま→寺澤
・うめ昆布、つくね→大橋
・ジンギスパン→木村(荘)
・モカプリン→武井
・シュー→桑本
※サクサクプリンに関しては上記に書いたとおり「限定」で売り出す。


○最後に
さまざまなデータを見て、いろいろ話し合っていくのはとても難しいですが興味深いです。
百石さんに去年の状況や、市場全体の状況など私たちが知らないことについていろいろ伺って参考になりました。
そのなかで売り出し方の工夫もみえてきて、他のチームとの連携が必要だと感じました。
マーケティングチームとして、広報、営業チームを裏から支えていけたらなって思います!
次の話し合いは私は参加できませんが、宜しくお願いします!
またこれから忙しくなりますががんばりどころなんで気を引き締めていきましょー!!

マーケティングチーム  桑本
【2008/09/02 15:04】 | チーム報告書 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。