1004 第14回ビジネスセミナー ホクホクエリア報告書
<日時>10月4日 13:30~16:30
<単元>販売データの分析と事業計画の修正
<小単元>重点商品とエリア別対応の決定
<目的>商品の傾向と分析し、売れ筋に商品と売れていない商品の決定。



【確定した結果】
ホクホクエリア リーダー 笠原
      
○担当店舗(営業・広報物のメンテナンス)

北部:関
北食:後藤
はるにれ:田中
ポストゲノム:木村
獣医:尾田
学寮:笠原

* ホクホクは、主に販売量などは、北部と北食が主となるので、他の店舗の人達は、北部と北食のバックアップも行う。

各担当店舗へ巡る日(広報物、三角POPやポスターといったもののメンテナンスも含めて)→月・木
毎週金曜日 16:30~ 北食で定例会議を行う。

販売から2日間のデータで、さらにマーケティングにデータが出ていない店舗もあるため、この時点で売れている商品&売れていない商品の決定というのは出せないということになり、まずはチーム全体でやらなければいけない流れを決定し、この流れにそって、これからは行うことにした。

ホクホクがこれから行うべき流れ。

目標と販売の差の不足
1) 各店舗の100%の把握
       ↓
販売率と平均から①不足②多い商品を把握
       ↓
そして、それに対して仮説を立てる
1) まず、資料を見て、自分の頭の中で把握し、実際に店舗に行って、確認。
2) 店の状況。例:各店舗のピーク時間の確認。BS商品の置いている場所。目立つところに置いているのかor目に付く場所なのか?といったもの。
       ↓
原因把握:売れている商品はそのまま行い、売れていない商品の改善(位置を変えたり、POPをもっと目立つものにしてみるといったもの)
       ↓
対策(広報から例を示す)
1) 手書きPOPの作製。
2) エリア毎に考えて行う。
       ↓
販売結果等から効果があったかをチェック
1) 効果があった場合→全体で使ってみる
2) 効果があまり見られなかった場合→全体で使わないようにする。

【結果に至るまでの過程】

① チームリーダーの決定
② 各営業店舗の担当者を決定。
③ ホクホクの場合、北部担当と北食担当の方がお休みで、さらに他の店舗は仕入れ数は少なく、データがあまりなかったので、上記のようなみんなで、行う流れをまず話し合いました。これからは、上の流れで行いたいと思います。
④ みんな、北大生なので、これから毎週金曜日に定例会議を行い現状報告を行うことにします。場所や時間は上記を参照してください。

【次回までの課題】
先ほども言いましたが、金曜日にさきほどの流れで、各店舗様に出向いて、まずは現状を把握しましょう。北部と北食は店舗が大きいので、大変ですが、他の店舗の方達が最大限にバックアップしますので、みなさんがんばりしょう!!まずは、金曜日に会いましょう。


【最後に】
ついに満を持して、発売という感じですね。発売した商品を見たときまず思ったのは、嬉しいというよりもドキドキの方が大きかったです。けど、それだけで満足しちゃダメですもんね。やはり、商品なので売って何ぼといったところでしょうか。しゃきチーはちょっと残念ですけど、他の商品は頑張って、売り切って定番化までさせちゃいましょう♪

おにぎりA&広報&ホクホクチーム   笠原
スポンサーサイト
【2008/10/05 18:31】 | チーム報告書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1004_第14回BS 札幌外エリア報告 | ホーム | 1004_第14回ビジネスセミナーの報告>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://08bs.blog32.fc2.com/tb.php/82-4fb6a6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |