0827 第11回ビジネスセミナー報告書
【日時】8月27日(水) 13:00~16:00 事業連合2F会議室にて

【単元】プロモーション計画と営業・販売(小単元として試食会アンケートの分析)

【目的】試食会アンケートの結果を今後の営業・広報に活用する

今日のセミナーは、先週に北大の「はるにれ」で開催されたモニタ試食会においてインタビュー・アンケート結果に基づいて商品の改良点などについて話し合いました
また、試食会の総括について、田中さんからも報告がありました。
これについては、また後日に報告させていただきます。

では試食会で得られたデータを元に改良すべき点などを各商品ごとに挙げました!!

[おにぎり]

<肉味噌ジャージャーおにぎり>
・パッケージに関しては、モニタの方々から商品のイラストから麺が入っているというような、誤解を招くという指摘を受けて⇒パッケージに「メンは入ってません!!」と記載

・店頭に並べる際には、商品のポップに「美味しい肉味噌の部分をおにぎりにしました」というようなことを書いたりする。

・味に関しては、パッケージにピリ辛と記載されている割には、あまり辛さを感じられないという人が多かった⇒もっと辛さを強くするという結論に至った。

・タケノコの食感を売りにするのではなく、ピリ辛を全面に押し出して広報活動などを今後行っていくべき

<さんま蒲焼きおにぎり>
・パッケージに関しては、どんぶりにさんまの蒲焼をのせるイラストではなく、秋刀魚を焼いているような和風感を出す

・売り出しかたに関しては、魚の臭みはないということ・根室産(地産地消)を売りにする

・QRコードにお茶漬けなどといった他の食べ方を載せる

<うめ昆布おにぎり>
・アンケート・インタビュー結果からも見られるように、この商品に関しては新しさは感じられない
⇒和風感があるだとか、梅嫌いにも食べやすい商品だと新しいコンセプト・キャッチコピーのもと売り出す

味やパッケージ、価格に関しては問題ないというが多数でした

[パンに関して]

<シャキシャキつくねチーズロール>
・味に関してなんですが、マヨネーズが多いのでヘルシーさを出すのは、やはり矛盾しているのではないかという意見が出た⇒コンセプトとしては、アンケートの結果からもシャキシャキ感を感じた人は多く、このようなコンセプトで売り出せば安易に商品自体の特徴を消費者に伝えることができるのではないかという結論に達した。

・価格に関してなんですが、アンケートの結果からこの商品は高いという方が半数
⇒がっつり感、ボリューム感を売りにしていけばこの問題はクリアされるという意見も出た

<ジンギスパン>
・マヨネーズの味が強くて、ジンギスカン本来の味が再現されていない
⇒本来使われている、ジンギスカンのタレを肉にも野菜にも味をつける
・店頭のポップに温めると更に美味しくなりますといったようなことを載せる

[スウィーツに関して]

<さつまいもんぶらんしゅー>
・味に関してなのですが、クリームが多いといったような回答が多々あった
⇒クリームを減らすとシュークリーム自体が貧相に見えるので変更はしない
・コンセプトである、高級感はアンケート結果からも感じられないという人が多かった
⇒季節感・限定感を推す、宣伝・広報活動を行う必要がある
・やはり、甘さは人によって嗜好が異なるので甘さを変えることは商品自体変更すると同じなので変更はしないという結論に達した

<サクサクプリン>
・味に関してなのですが、やはり甘さがキツイ
⇒容器が大きいのでより一層甘さを強調されているように見えるなど、容器の大きさも問題である
・容器が開けにくい、プリンの上にチョコをコーティングする
⇒企業様にもう一度確認する余地あり!!
・パッケージに関してはもっと、サクサク感を出す文字を使用したりする
⇒パッケージの色を変えるなど・・・


<モカプリン>
・パッケージの裏に載せる占いの詳細を見られるようにする
⇒QRコード先に詳細な占いの情報を載せる
・スウィーツは時間のある人が食べるであろうと結論が導き出されたので、占いについては見るであろう?

以上の事が今日のセミナ-で決まったことです!!

【最後に・・】
モニタ試食会本当にお疲れ様です。何事も問題なく終えることができたのも皆さんが一生懸命頑張った証だと思います。
この流れで、これから商品発売に向けていろいろと大変だと思いますが各チームが連携しあって、10月1日に向けて頑張りましょう!!


BS4期生  試食会AD・マーケティング班 寺澤直樹
【2008/08/28 00:45】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
0823_試食会報告書
8月23日(土)試食会を行いました!
場所は北海道大学の北にある食堂「はるにれ」、開始時刻は10時、終了時刻は15時30分、スタッフは準備撤収もあるので、計10時間ほど作業をしました。
当日学生スタッフは27人。試食アイテム数は8個。モニターに学生55名、生協職員8名がやってきました。学生さん、生協職員の方々休日にお越しいただき、ありがとうございました!
それでは朝から時間に沿って流れを報告したいと思います。

CIMG0529.jpg

朝8時30分から各リーダーは集合し、9時には全スタッフが集合しました。そこでミーティングやら準備やらを行いました。あふれる熱気、ちょっとした緊張がそこにはありました。
そして休日の朝9時という早い時間から、各企業様がモニター商品を持ってきてくれました。元気工房様、札幌パリ様、日糧製パン様(順不同)、各社様本当にありがとうございました!!

9時30分ともなるとモニターの学生の方々がやってきて、俄然あわただしく(でも表面上は落ち着かなければならない)なります。
また、マスコミの方々もやってきてくださり、モニターだけでなく、スタッフも緊張していたように見えました。

CIMG0591.jpg


10時をすこし過ぎたところで人が集まってきました。司会の工藤さんの言葉からモニター試食会が開始し、代表の田原くんから熱い言葉がありました。
そして、午前の部はスタート!おにぎり、パン、スイーツそれぞれに対して、アンケートとインタビューを行いました。最初は無言でアンケートを書いていたのですが、3回目(スイーツ)あたりになると、学生スタッフとモニターの方々の間にあった緊張や壁は取り外されていて、とても和やかなムードでインタビューは進みました。
第1部は思った以上にトラブルも無く進み、ないと思っていた昼飯にありつくことができました笑

CIMG0660.jpg

DSCF0648.jpg


第2部も同じように、順調に進み(マスコミの方の姿が見えなかったのか、第1部よりも緊張していないように見えました)無事、一日の工程を終了しました。
そして、終了後うれしいハプニングが!なんとテレビ北海道様が早速夕方に流してくれたのです!驚きとともに見れなかったのが残念という気持ちがありました笑
また後日、北海道新聞様の方でも取り扱っていただけて、朝刊に記事が載りました!ありがとうございます!
撤収も終わり、はるにれを元の姿に戻してモニター試食会は終了しました。
場所を使わせていただきまして、ありがとうございました!

そんなこんなで、モニター試食会自体は無事に終わりました!
トラブル無く進んだ今回のイベントですが、それでもやはり問題・課題点は残っています。

★準備を全体で行わなかった
★やるべきこと・期限が明確になっていなかったため行動が遅れた
★外部への連絡が遅くなってしまった

この3点が特に大きい問題でした。
今後の僕らの活動に生かすことはは勿論のこと、第5期のモニター試食会でも反省を活かして、より良いイベントにしてほしいと思います。

皆様、モニター試食会、お疲れ様でした!
そしてありがとうございました!!
BS4期生  広報チーム AD 田中雄大
【2008/08/23 18:39】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0822_食品プレゼン
【日時】
 8月22日(金)09:20(集合)~14:00(解散)

【内容】
 10:00~11:45頃:お菓子メーカー様・アイスクリームメーカー様のプレゼンを拝見・商品見物。
 11:50~12:30頃:ビジネスセミナー開発商品プレゼン・質疑応答
 12:30頃~:試食品配布・食べた人に感想を聞く

●代表者挨拶:田原
●おにぎり
・肉味噌ジャージャー:佐々木(愛)
・さんまの蒲焼き:田中
・うめ昆布:武井
●パン
・ジンギスパン:今村
・シャキシャキつくねチーズロール:阿部
●スイーツ
・さつまいもんぶらんシュー:大橋
・恋の味!?ほろにがモカプリン:佐々木(博)
・サクサクプリン:工藤
●ブログ兼サブ:北野

【経過報告(出てきた質問・感想等)】
●おにぎり
・肉味噌ジャージャー:
 特に問題もなく、おいしい。
・さんまの蒲焼き:
 1.パッケージについて、「小骨に注意」と前面に出していたら消費者は手に取りにくいのではないか?
 2.タレが効いていておいしい。            
 3.缶詰の蒲焼きでないことの強調。
・うめ昆布:
 うめが苦手な人でも昆布が苦手な人でも食べやすいものであることの強調。
●パン
・ジンギスパン:
 1.サラダの味が薄い。野菜を増やして欲しい。
 2.ラム肉には好みがあること。
・シャキシャキつくねチーズロール:
 ごぼうサラダでなく、なぜきんぴらごぼうなのか?ごぼうサラダの方がヘルシーな印象がある。
→日糧製パン様によると、実際はきんぴらごぼうの方がカロリーが低い。サラダって付いているだけで好印象を受ける物なのか?
●スイーツ
・スイーツ全般:賞味期限は?
・さつまいもんぶらんシュー:
 1.売り出される季節である秋とマッチしている点が好印象。
 2.さつまいもが良い。
 3.値段が安定している。
 4.クリームが少し多すぎる。
・モカプリン:
 プリンの上に何かがあるとさらに良い。
・サクサクプリン:
 おいしいが値段が高い。
●総評:
 どの商品も試食した人からとても好評であった。問題は消費者にまずは食べさせることかもしれない。

【最後に】
 上の経過報告について。明日の試食会の参考になるでしょうか?値段が高いとか言われても…
また、どの商品でも試食者がおいしいと言ってくれていました。一回食べさせることさえできれば道は開かれるかも。
 企業様方のプレゼンについては、どの企業様にも味があり、商品そのものにも工夫が見られました。例えば、商品の見た目を綺麗にしたり、捨てるときに便利なポケットが付いたガム、袋では手が汚れやすかったのをカップにすることでの改善、QRコードの利用(笑)。消費者の意見を反映されている商品も多く、私達のこれまでの活動を思い出させてくれるような商品もありました。
 明日はいよいよ試食会当日ですね。仲間がいるし、自信を持って行けば良いと思います(私は絶対緊張しますが…)。

BS4期生  広報・インタビュー 北野圭祐

 



 
【2008/08/22 21:34】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0809 第9回ビジネスセミナー 報告書(前半)
【日時】
8月9日(土) 13:00~16:00


【単元名】
商品発売に向けて ~モニタ試食会準備とチーム毎の活動開始~


【単元の課題】
モニタ試食会開催に向けた討議と販売戦略の検討


【確定した結果】
①ジンギスパンの試食と価格決定を行い、198円の製品を採用することとしました。
 採用に至る経緯は下記項目を参照して下さい。

②22日に行われる食品プレゼンの参加者を決定しました。
 当初の予定より人数は増加し、10名での参加を予定しております。うち8名は第4期BS商品のプレゼンを行います。


【結果に至る経過報告】
先週行えなかったジンギスパンの価格決定を行いました。
「○○ジンギスカン」というようにジンギスカン自体にブランドがあるお肉を採用した238円の製品と、ノーブランドのお肉を採用した198円の製品を食べ比べました。
どちらの製品が美味であるかは、人によって異なり、ブランドよりも好みの差やお肉の部位の違いなどが大きく影響してくるのではないかと考えました。
また、先週からの1週間で、「○○ジンギスカン」といったブランド力にどれほどの力があるのか、知名度・消費者の意識はどの程度なのか、改めてリサーチを行いました。
その結果、学生に対象を限定した場合、ブランドよりも価格を重視する傾向が見られ、「○○ジンギスカン」のネームバリューは商品力にさほど影響を与えないと判断しました。
これが198円の製品を採用することとなった経緯です。


【次回への課題】
次回はモニタ試食会です。
モニタ試食会までの課題は山積みであり、少しずつ多くの人の手で解決しなければならないと思います。
積極的に討議に参加し、一つずつ課題を解決していきましょう。


【最後に】
今回のBSでは西野マネージャーより、今後の展開に関する講義がありました。
これまでは製品を開発する立場であった我々ですが、これからはその製品を販売する立場に移行します。
最終消費者に製品を販売する一歩手前の段階であり、この経験を持つ人はおそらくほとんどいないでしょう。
まさに手探り状態となるかもしれませんが、これからが本当の勝負です。
販売する側としてどれだけの“数字”を残すことが出来るのか、現段階では予想がつきません。
これは楽しみでもあり、不安でもあります。

とりあえず、目前に控えたモニタ試食会までもう一踏ん張りです!


第4期BS 代表・営業担当 田原 剛


【2008/08/12 11:37】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
0802 第8回ビジネスセミナー 全体会議報告書
【日時】 8月2日 13:00~16:00

【単元名】商品発売に向けて

【単元の課題】商品選考と試食会準備

【確定した結果】
①モニタ試食会の案内状
モニタ試食会に招待する人に渡す案内状のチェックを行いました。
時間が当初の予定と変わったので、そこだけ修正することになりました。

②モニタ試食会の概要
元気公房さん、日糧製パンさん、札幌パリさんのそれぞれから承諾を頂けたので、試食会には70名程度を招待することにしました。
そのため、試食会は午前と午後の2回行うことにしました。
8月7日(木)の21時までに招待する人を確定させます。
BSメンバー1人につき同性の友人を2名招待します。

当日はネームプレートを用意して、予め席に置いておくことにしました。
知り合い同士の席を離すことで1人1人の本音を聞き出しやすくするためです。
性別もなるべく偏りがないように席を配置することにしました。

③モニタ試食会のプログラム
モニタ試食会のプログラムを確定させました。
全部で2時間ということに決定しました。
内訳は、代表者挨拶が5分、各商品の説明が5分、各商品の試食・アンケートが40分、インタビューがおにぎり・パン・デザート各20分です。 
一応10分程度の余裕を持たせています。

④モニタ試食会のアンケート
モニタ試食会で使用する各商品についてのアンケートについてチェックしました。
アンケートで聞く項目は以下の通りです。

 ・大学名
 ・学部名
 ・性別
 ・年齢
 ・商品は美味しいか
 ・商品はもう1度購入したくなるか
 ・商品の見た目(おにぎりでは聞かない)
 ・コンセプトが伝わるか
 ・価格は適正か

価格の項目をどのように質問するかで議論になったので、もう少し検討する必要ありです。

⑤開発商品の背景を配る
広報用に開発商品の背景を配ることにしました。
商品写真と開発者による文章を載せます。
各ジャンルから1名が書くことにし、おにぎりは佐々木(愛)、パンは荒木、スイーツは佐々木(博)が担当することになりました。 

【結果に至るまでの過程】
先週同様、セミナー生全員による会議を行いました。
進行係は田原と武井が務めました。

予め用意されていた議題について話し合いました。
主にモニタ試食会の詳細を決めました。
無事、案内状、試食会の規模、当日のスケジュールなどが決まり、アンケートも大枠が決定しました。

ただ、時間が無かったこともあり、今回も発言する人が偏ってしまったので、もう少し改善できたら良かったかなと思います。

【次回までの課題】
①Googleグループに案内状の完成版をアップする(案内状係)
②プログラムを修正する(プログラム係)
③アンケートを修正する(アンケート係)
④試食会に招待する人を確定させる(全員)
⑤商品開発の背景を書く(佐々木(愛)、荒木、佐々木(博))

あとは各チームでやらなければならないことがあったら、必要に応じて作業を行ってください。

【最後に】
今週は全体会議が長引いてしまい、16時40分頃にセミナーが終了しました。
みなさんお疲れ様でした。
商品化が決まった人はおめでとうございます!
これからは全員で力を合わせて、商品が1つでも多く売れるように頑張りましょう!!



BS4期生 モニタ試食会責任者 武井 啓
【2008/08/03 19:02】 | 総合報告 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ