0907 ラジオ局訪問
○日時 9月7日(日) 13:00~15:00
○場所 中央区北1条西27丁目 廻廊ビル3階
○参加 木村(荘)・武井・佐々木(博)

○目的 BS商品紹介のラジオ放送打ち合わせ

○確定した結果
FMカロスサッポロでBS商品の紹介をさせていただけることになりました。
商品紹介時間は12~14時の間で40分間いただきました。
商品紹介は木村(荘)・武井・田原・佐々木(博)の4名で行います。

10月5日(日)、電波に乗ります。


○確定に至る、経過
・『スタジオの雰囲気を知る
今回、放送時間にお邪魔してBSに関係なく、スタジオの雰囲気を感じてきました。

3人、当然のごとく緊張しました(笑)
ご迷惑をおかけした点もありましたが、スタジオの方々のご配慮もあり、楽しく過ごすことができました。
ありがとうございます!!


・『声で伝えることの難しさ
ラジオ、伝えるツールは声です。
身振り手振りなどノンヴァーバルなものは、リスナーの方には伝わりません。
私は頷いたりしていたのですが、リスナーの方々には確実に伝わりませんでした(笑)
今更ながら、積極的に声を出すことが大事な場だと気付かされました。

そのように考えると、商品紹介も見なくてもわかる様な説明が必要なのだろうと思います。
BS担当してくださっているチアキさんから、『ラジオは聞き手と話し手がタイムリーにコミュニケーションできる唯一ツールなので、この機会に言葉で伝える楽しさと難しさを味わってください』とのお話をいただきました。
放送させていただけるからには、良いものにしたいです!


○今後の予定
・台本作り(締め切り来週辺り、9月中旬を目処に)  武井担当
・予定表作り(同上)                    佐々木(博)担当

9月下旬には参加者で打ち合わせを行いたいです。
代表の喋りに期待です!
10月5日、お時間のある方、チューナーは78.1MHzに合わせて聴いてください。

乱文失礼しました。それでは!

文責 佐々木博子
【2008/09/08 02:10】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
0815広報チーム(テレビ局への連絡)報告書
皆さんお疲れ様です!!
今日はテレビ局へ連絡した結果をお知らせします。

今回お電話させていただいたのは、

・HBC北海道放送
・HTB北海道テレビ放送
・STV札幌テレビ放送
・NHK札幌放送局
・TVHテレビ北海道

の5局です。

HBC・HTB・NHKにお電話したところ、
FAXを送って欲しいとのことでしたのでお送りしました。
STVはお電話して多分資料はあるはずだから確認してみるとのことでした。
TVHは受付の方が担当の方に話を伝えておくとのことだったので、
BSについてちょっと説明させていただきました。


電話してみて、やっぱり、
どのテレビ局も検討して何か興味を持ったり、
聞きたかったりしたいことがあれば連絡するという感じでした。
取材依頼が多く、ただ単にそのうちの一つって感じで捉えられてると思います。
しかも、FAXで受付しているところが多く、
電話よりはFAX、FAXよりは実際に会社に行った方が
効果はあると思いました。


新しいプレスリリースをつくって
市政クラブにまた提出させてもらったりすると
良いかもしれないですね♪
あと、テレビ局なら例えば、STVならどさんこワイドが
札幌駅で中継してるのでスタッフにプレスリリースを渡してしまう、
むしろテレビに出ちゃうっていうのもありかもしれません!
印象付けが大切だと思います☆



P.S
モニター試食会も徐々に近づいてきましたねっ!!
色々と準備が大変だと思いますが、大変さを乗り越えて絶対成功させましょうね☆
テンション上げてがんばろー!!!!!!



BS4期生  広報チーム  木村有希
【2008/08/15 22:40】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
0815 広報チーム(新聞社への連絡) 報告書
みなさん、こんばんは。
早速ですが、新聞社に連絡した結果と考察を報告いたします。

【結果】
 市政クラブ(札幌市役所の広報部・広報課)は、「プレスリリースをこちらに提出したのであれば、報道関係者には伝わっています。あとは、新聞社次第で興味があれば電話がきます。」とおっしゃっていた。
 朝日新聞社は、「市政クラブに資料を届けたのであれば、朝日新聞の市政クラブの担当者が興味を持ったら取材します。全部が全部取材されるわけではないので、そこのところをご理解いただきたいです。」とおっしゃっていた。
 読売新聞社は、「市政クラブにプレスリリースを提出したのであれば、ご検討させていただきます。」とおっしゃっていた。
 北海道新聞社には、FAXで資料を送るように言われたので、札幌圏部にFAXでプレスリリースを送った。
 毎日新聞社にも、FAXで資料を送るように言われたので、報道部にFAXでプレスリリースを送った。

【考察】
 まず、朝日新聞社と読売新聞社に提出したプレスリリースは、先日のセミナーでも話題になったが、誤字・脱字などの訂正箇所がたくさんあった。このことが、興味を持ってもらえなかった原因ではないか。
 次に、北海道新聞社と毎日新聞社に送ったプレスリリースは、先日のセミナーで話題になった訂正箇所を直したり、自分で若干言葉を変えたりした。しかし、次頁と書くところを次項と書いてしまうなどの間違いがあり、見づらい資料であったことが興味を持ってもらえなかった原因ではないか。
 その他に、この4社に対して、「何かあれば、笠原さんに連絡していただけるよう、よろしくお願いいたしします。」という言葉が足りなかったことなども反省すべき点であった。
 最後に、新聞社に興味を持ってもらえるプレスリリースを作るのは難しく、まだまだプレスリリースについては改善の余地があるのではないかと思った。


                                              BS4期生 広報チーム 三嶋隆裕

【2008/08/15 17:36】 | マスコミ関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム |